プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


台風が来ていたので発売日(5日)には買いに行かず。7日になってから買いに行こうと思ったんだけど渋谷に出るのも疲れるしアレだなぁ〜と思っていたらば「そういえば蒲田の駅ビルにVirginかHMVだかが入ってたかな?」と思い出し、わざわざ蒲田まで行ったのに目的の駅ビル自体が改装工事で閉店していた(-_-#)
素直に渋谷行っておけばよかったのにねぇ。

ほで、ようやっと8日に買う事ができました。
渋谷のタワレコで(やっぱり)。

ストリート・ポエトリー
ハノイ・ロックス
Viictor Entertainment,Inc.(V)(M)

そして↓はnonkey37さんがお書きになったレビュー♪

Street Poetry / HANOI ROCKS



※タワレコで買ったらステッカーくれたょ。
今回はまぢで凄い。
それぞれの活動を経て“別物に進化”したワケでなくて、成長したハノイだと、誰が聴いてもそう思うんじゃない?素直に受け入れられるんじゃない?…っと。

再結成のウワサがチラホラ出始めた時に「みんな金無くなると再結成するし」的な事を言って、新しいアルバムを聴こうともしなかった奴らだって、これなら納得するんじゃないかすら。

シングル聞いた段階で、とっても期待できそうな感じだったけど、期待以上だな、うん。

ライナーにはあまり期待してなかったんだけど(前作は覚えてない&未確認だけど、前々作は増田勇一さんだった)、大貫憲章さんだったょ。
このお方が日本にハノイを広めてくださったおかげで私らは聴く事ができるのだと思うのです。多謝!
愛のあるライナーにも期待して、是非買ってくれ。






日本版ボーナスに「Self Destruction Blues」が入ってるんだけど、このアレンジもカッコいいの。
単独ライブは東京は渋谷クラブ クアトロだし、狭いし、チケ取れないかも(って、今から超弱気)なんだけど、ぜひライブで聴きたいな。




ライナーの話に戻るんだけどね。大貫憲章さんは、アンディが「閃き型のある種天才肌タイプ」で、マイクは「知識も経験も豊富な学者タイプ」と表現してオラレた。

私が勝手に抱いていた2人の違いというか、それぞれのイメージはといえば、アンディがファンタジーの人で、マイクがリアリティの人って感じかな?

大貫氏のおっさってオラレル方が音作りそのものに関しての場合だとすると、私の持っていたイメージっつーのは歌詞なのかな?


これは皆言ってた(感じてた)ことかもだけど、再結成前のマイクはなんだか肩に力が入っていた感じがするんだよね。「巧く歌ってやろう」ではなくて「ロッカーらしくクールに歌ってやろう、振る舞ってやろう(ステージで)」的な。それが、再結成後にはすっかりナリを潜めていて、なんだか自然なのね。
特に今回の先行シングルを聴いた時は、ホントにのびのびと歌っているというか、今を楽しんでいる感じが凄く伝わってくるカンジがしたというか…。

いつだったか、再結成なんて絶望的なムードだった時にマイクが「もう“ベイビー”は歌えない」と言ってたとか何かで読んだけど、そのテのこだわりも棄てなさったかな?



っと、また纏まりないもん書いちゃったけど、そんなカンジょ。
関連記事

「STREET POETRY/Hanoi Rocks」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

コメント

nonkey37さん
チケとれたですか。オメデトウゴザイマス♪
私はチケぴプレオーダーに申し込んだんですけど(今夜22時に発表だったハズ)、ダンナ名義で申し込んだのでまだ確認できてません。
凄く不安だぁ〜。
サイアク、追加に期待です。かなり弱気です。
で、前作・前々作は、そうですね。なんとなく肩の力入ってた感があったし、何かしら緊張感みたいなモノもありましたよね。
どっちが良いとか悪いとかでなく…ですよね。
昔の作品だって毎回おんなじだったワケじゃないし、アルバムごとに違った顔を見せてくれるのはファンとしてはウレシイです。
>彼のレビューはどんなときにもバンドのいいところを観て伝えようとしてくれているのが嬉しくなります。
増田さんが編集長だった時代のMLは、全体的に↑のような雰囲気があったかもです(今思えば)。
ライナーなんかだと、MASA伊藤氏だと読まない(笑)、増田さんだと「よかった」と思うです。
偏りのないところが元編集さんって感じですよね。
2007-09-12 23:50 まにゃーな #79D/WHSg URL [ 編集 ]
(無題)
今回のアルバム、いい意味で「再生HANOI」という意識が薄れたような感じがしました。
何だか自然にバンドが進んできたような・・・前作・前々作は「再生」をアピールするような肩の力ってありましたもんね。私はそれもまた好きだったですが(笑)
渋谷クアトロのライブ、チケットはとりあえず確保できました〜
セーソクさんのラジオ番組先行でGETしたのですが、大貫さんや伊藤さんには結局なんだかんだお世話になってるなあ〜と思いますね。
増田さんはB!からフリーランサーになられたようでBARKSでしばしばお見かけしますが彼のレビューはどんなときにもバンドのいいところを観て伝えようとしてくれているのが嬉しくなります。
2007-09-12 09:56 nonkey37 #79D/WHSg URL編集 ]

コメントの投稿








  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック