プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


【追記@2007-01-30】
文章の構成力にしろ表現力にしろ何しろ「書くチカラ」がイマイチなので、ネットではなるべく「結論から先に書く」を心がけているのですが……っとか、また前置き長くなりそ(^^;)

ぇぇぇ〜、この記事で私が言いたい事はですね。
ゲンダイの記事が「江原が雑誌編集者だかライターに噛みついた」を「江原が細木に噛みついた」にすり替え、明らかに「売れる話題として勝手に作り替えている」というコトです。

そもそも、その「ある雑誌」って何?架空の雑誌じゃあるめぇ?(笑)

↑を踏まえて続きを読んでくださるなり、コメントくださるなりしてください。
よろしく♪


こうやって「ニュース記事」として扱われるのはちょっとアレな気がするです、ゲンダイネットの記事は。
中にはマトモな取材をしたマトモな記事があるのかもしれないけど、↓なんて個人の感想レベルぢゃん。↓に記事を全文引用させてもらうけど………
 犬も食わぬケンカと言うべきか。美輪明宏とともに「オーラの泉」(テレビ朝日)などに出演して人気のスピリチュアルカウンセラー・江原啓之(42)が細木数子(68)に噛み付いたという。

「ある雑誌が、年末年始に放送された江原と細木の特別番組の視聴率を比較する記事を企画しました。この雑誌は取材などで江原にお世話になったことがあるので、一応、江原に“お伺い”を立てた。すると江原は“霊能師の私と占い師を比べるとは何事だ”“くだらない記事を書くなら、今後そちらの雑誌には一切協力しない”とカンカンだったそうです。女性誌は、江原を登場させると売れ行きが一気に5万部増えるといわれる。この雑誌は泣く泣く、企画をオジャンにしたそうです」(マスコミ関係者)

 江原が激怒したのは、年末年始の特番の視聴率と無縁ではなさそうだ。実は、いずれも細木に軍配が上がっているのだ。江原はでっぷりと太っていて寛容な印象がある。デンと構えていればいいものを……。意外に神経質な人なのだろう。

 それにしても、江原が叩きつけた細木への“挑戦状”には苦笑してしまう。自分のことを細木よりマトモとでも思っているのか。

「“地獄に落ちるわよ”でシメる細木の恫喝まがいの占い手法には以前から批判があるし、週刊誌は何度も彼女の醜聞を報じている。だけど、江原だって心霊世界を信じない人は即座に“魂のレベルが低い”とコメントして強引な面があるし、霊視の手法そのものに疑問を投げかけるメディアもある。どっちもどっちという気がします」(放送ライター)

 江原のことも細木のことも本当に信じ切っている人も中にはいるだろう。

 だが、そう思っていない人にしてみれば、醜い争いに見えてしまうのではないか。
  1. 人から聞いたハナシをもとにしている。しかも情報ソースをキチンと公表していないので、どこまで本当のハナシかワカラナイ。
  2. 『一応、江原に“お伺い”を立てた』とゆー『ある雑誌』の方が、実際にどのような態度で江原啓之さんに企画のハナシをされたのかも不明。もしかすっと、すんごい失礼なモノの言い方をしたのかもしれないよね?
  3. 『江原は“霊能師の私と占い師を比べるとは何事だ”“くだらない記事を書くなら、今後そちらの雑誌には一切協力しない”とカンカンだったそうです』って、細木数子さんに怒ってるんじゃなくて、占い(統計学)と霊能力(非科学的なチカラ)を混同してて、「売れる記事になればいい」としか思ってなさゲなライターだか編集者だかにご立腹なんでしょう。
    これじゃぁ細木数子さんに対しても失礼ぢゃん。
まぁ、ゲンダイネットさんはいつもこんなカンジなので、今更アレなんだけどさ。


ヒトから聞いたハナシ。
「トモダチのおねぇちゃんのカレシのトモダチの妹のクラスメートのイトコの幼なじみがね」的な、近いようでうーーーーーんと遠い存在のヒトのハナシ。
そーゆーのが都市伝説を作るのか?


【追記@2007-01-30(その2)】

占いとか霊能とか、信じる・信じないで言うなら私は信じる方。
でも、妄信はしない(と自分では思っているけど否定派からすれば目くそ鼻くそかもしんないね)。

好き・嫌いで言うなら「細木さんキライ」で「江原さんスキ」です。

霊能者とかを「ホンモノか、ニセモノか」的な言い方をしたりするけど、私にとってはどっちでも良いんです、そんなコト。
科学的に証明できない以上、同じく霊能力のある方にしかホンモノか、そうでないかの判断はつかないワケだし、自分に判断できない事をあれこれ言ったトコロで永遠に結論なんて出るワケがない。
不毛な堂々巡りするのも疲れるでしょう。
だったら自分の直感で(好き・嫌いで)判断するしかない…と思う。

直接お会いしたことないし、テレビでの人柄(ほんの一面)しか知らないけれど、江原啓之さんは観ていて「このヒト、いいな」と思うから好き。

細木さんは、占いは胡散臭いけど(失礼)時々とってもイイコト言うなぁ〜と思うので(主にマナーなど)、そーゆー「イイナ」と思う事に関しては素直に受け入れたいと思う。けど、全てお見通しよ的な物の言い方は、占い師として「どうだろう」とギモンに思うので嫌い…というか、好きじゃないレベルか?
「嫌い」と言い切るほど、そこまでの興味が無いかも(^^;)


その程度に娯楽として楽しめれば良いのではないでしょうか。
最近読んだ本で面白かったのが↓


夜にそびえる不安の塔
井形 慶子(講談社)

占いや霊能の類いって、ジャーナリスト根性で潜入取材を始めた著者さんでさえ、ご自信の状態が不安定だと知らず知らずのウチにのめり込んでしまい、結局はただの「占いにハマった中年女性の体験記」になっておる(詳しい感想は別の機会に書くかもだけど)。
つかず離れずで適度な距離を保ちつつ、娯楽として楽しむには自分がしゃんとしていないとダメな部分があるかもしれないね。
そーゆー適度な距離感を保てない(であろう)ヒトは、近づかない方が無難だとご自身で判断し、遠ざけている場合もあるだろう…と、最近思うようになった。
否定派って、過去に占いや霊視の類いに振り回された経験があるヒトも結構いそうだし。
詐欺なんかでもそうなんだけど(って、占いや霊能も同じだと仰る方も居るんでアレだけど)、「自分は騙されない」とか思っている「自分だけは大丈夫」的な根拠のない自信家さんは一番アブナイらしいので、私も気をつけよう。
や、「自分だけは」とか思ってるワケじゃないけどさ。
(#どっちかっつーと、人に影響されやすい面も多々あると自覚しているので、安易に流されないように…を心がけてはいるけれど〜ってカンジかな?)

占いに関しては思う事があるので、この本の感想とまとめて色々と書きたいナと思っているトコロ。



【追記@2007-02-01】
江原バッシングで検索してたらここに辿り着きました。
「好きじゃないレベル」を「やっぱ嫌い」に訂正しますです。よく知らなかったけど、ここまで凄い事になっていて、まだ番組を持っているのって……。
関連記事

「ゲンダイネットはどうしてこうもアレなのか」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

コメント

maplepancakeさん
>「でっちあげまがいでも」売れればOKっていう根性が「アンタ地獄に落ちるわよ」ですなぁ(笑)
あはは♪そうそう。ゲンダイの記事中には↓とありますけど
“ それにしても、江原が叩きつけた細木への“挑戦状”には苦笑してしまう。自分のことを細木よりマトモとでも思っているのか。”
自分らの記事も「マトモと思っているのか」と訊いてみたい気もします。
本文を読んでみると、江原さんが細木さんへ“挑戦状”を叩き付けたようには取れないんですけどね。
>そもそもこの二人の番組の視聴率を比較して何がどうなるのかもよくわかりません・・。
同感です。
それに、私が観たのは江原さんの方(オーラの泉スペシャル)だけなんですけど、あれは4日の放送で、早いヒトはもうお仕事初めの日だったハズ。三が日とか暮れに放送した番組と数字だけ比較しても…という部分でもギモンが(^^;)
2007-01-31 00:52 まにゃーな #79D/WHSg URL [ 編集 ]
(無題)
見出しでどれだけ掴めるか勝負なのでしょうから「でっちあげまがいでも」売れればOKっていう根性が「アンタ地獄に落ちるわよ」ですなぁ(笑)
そもそもこの二人の番組の視聴率を比較して何がどうなるのかもよくわかりません・・。
私はどうせだまされるなら江原さんですね。細木数子の話は脅されているようで嫌だけど、江原さんの話は心おだやかに聞けるというか。
2007-01-30 22:34 maplepancake #79D/WHSg URL [ 編集 ]
ひろきちさん
信じる、信じないは個人の自由なので、その点について議論する気はありません。
ゲンダイの記事で気になったのは「論点をすり替えている事」なんです。
2007-01-30 18:38 まにゃーな #79D/WHSg URL [ 編集 ]
(無題)
どっちも詐○師にしか見えません。
「五十歩百歩」、「目くそ鼻くそを笑う」を辞書で引いたら江原と細木のことって書いてありそうなくらいどっちもどっちだと思います(笑)。
2007-01-30 09:15 hirokichi_fire #79D/WHSg URL [ 編集 ]

コメントの投稿








  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック