プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


引っ越しの少し前だから一昨年(2009年)暮れか、昨年のお正月くらいに奈美悦子の「死んでたまるか!」を読んだです。BOOK OFFで100円だったので。

読む前は「そうか、ビオチンが効くのか」と素直に思ってたし、ビオチン療法には賛否両論あったりしたけれども、とりあえず何もしないよりマシ&水溶性ビタミンなので飲んだりしたこともありましたが…。

この本先に読んでたら、飲まなかったかな。
否、どっちみち飲んだかな?


Amazonのレビューで星ひとつの「ビオチンに科学的根拠はありません。@2005/6/11
By 燃える皮膚科医さん」の〆のことば
医療は宗教ではありません。信じれば治るというものではありません。医学は科学的根拠に支えられているものです。感情的にならず冷静に判断して欲しい内容の本です。
は、なんか分かる気がしてみました。

 


なんつーか、同じ病気と診断された者としてはですね。もちっと病気に関する情報が具体的であって欲しかったというか。
まぁ、まったく書いてないワケじゃないんだけど、物足りない。
読後は、奈美さんが兎に角「人一倍がんばりやさん」で「負けず嫌い」で「前向き」な「働き者」なんだな…という印象ばっかり。
で、そーゆー頑張りやな自分が大好きなんだろうな…っと(笑)

秋田の例の名医に関しては、本読む以前からちょっとアレな気がしていたので(先生ご本人というより支持者のサイトの印象から、ちょっとイメージ悪い)、このレビューの方のご意見に共感する部分が多いのかなぁと思ってみました。

秋田のあの先生にしか治せないと言いつつ、あの先生は新規の患者さんを受け付けてないみたいだし、支持者のサイトも肝心な部分の情報は非公開。
(#先生の治療を受けた患者のみに公開している掲示板がある)
なんか、謎めいているんだよね。
で、あの先生以外の医者はみ〜んなヤブ医者よばわり(^^;)
そゆとこが馴染めない私です。




まぁ、それはいいとして、なんで唐突にそんな事を思い出したかっつーと、こないだ「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」って番組に奈美悦子が出ていて、免疫力の話題の時に『(2004年に)免疫力がガクっと落ちる病気をしました』と言っていたので。

そうか。免疫力が落ちたから患うのではなく、この病気を患ったから免疫力が低下するもんだったのか…。
知らなかった。



奈美さんは奇跡のヒトで、発病からたったの1年で病名が分かり、そこからまたたったの1年で完治したそうです。
が、殆どの方は10年、20年と「謎の症状」に悩まされ、診断ついてもなかなか完治まで行かないのが現状みたいです。

私の皮膚症状は足だけなんだけど、皮膚科の薬を飲んだり塗ったりしてた頃は凄く悪化しました(薬にもアレルギーがあるもよう)。
その後、歯科のセンセに相談したら金属アレルギーかもってことになり、パッチテストする前からアマルガムを除去してもらったりしたら即改善しました。
以来、毎年暑い季節になると、ちょろっと症状が戻ったりしますが、普段はなんともありません。
関節その他、骨の痛みは因果関係がハッキリしていません。
首も悪いので、そっちから来ている症状もありそうです。

昨年夏は、最近では一番酷いブツブツだったけど、全盛期に比べたら「屁でもねーぜ」なカンジです。


そんなワケで、今は「完治はしてないけど落ち着いている」状態。
掌蹠膿疱症より、今は低体温その他の方がツライなぁ。
首動かす度に目眩すんの、治したいなー。



【余談ですが】
Amazonの燃える皮膚科医さんのレビュー〆の言葉で思い出した。
こないだの「占いと霊能はベツモノだと思う件で@ 2010-12-27 18:44:42」の占い同様、信じるとか信じないとか、論点をそーゆートコロに持って行くと凄く不毛な気がスル。
やっぱり、お医者はデータがそれなりに揃ってないと、患者に無責任な事は言えないだろう…ってことで、秋田の例の先生だって、ご本人にはそれなりの根拠があって言ってる事なんだろうけど(医学会的には異端らしいけど、それはまた別の話として)、確かに信者…じゃなくて患者さん(^^;)がwebで紹介している感じだと『治らなければ「私の言ったことを守っていないからだ。」』的なムードはあるなぁ。
先生ご本人が直接話しているのを観たり読んだりした事無いんで、よくワカランな。
関連記事

「久しぶりに掌蹠膿疱症…ってか奈美悦子」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

コメント

コメントの投稿








  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック