プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


岡田監督はじめ、代表選手とスタッフの皆様、オツカレサマでございました。
本当に楽しかった。いい夢みさせてもらったよ〜。

今回のワールドカップでの代表チームの団結っぷりは2004年アジアカップの時のようだったなぁ…と思ってたんだけど、PKの時はついうっかり2000年シドニー五輪アメリカ戦で、ナカータがやっちゃったヤツを思い出してしまいました。

予選でも、危ない場面を何度となく駒野の守備に救われたりもしたし、昨日の試合でも120分頑張ってたワケで。
観てるだけの私だって力が入ったし、なんか疲れた試合だったのに、実際に走り続けていた選手の疲労と緊張はどれだけのもんだろう。
そんな中で確実に全員決めたパラグアイが流石!なのかも。

 


負けたのは誰か一人のせいではナイ。
けど、期待が膨らんだ分の悔しさを誰かのせいにしないと気が済まないのかな?と思われる一部の人々が2ちゃんとかで駒野批判してるみたいだね。

アテネ五輪の時は、元NHKアナで当時TBSの五輪キャスターやってた久保純子が、敗退が決まった男子サッカーの試合後に「情けないですね」と言ったのを私は絶対に忘れてあげないの。

本当にふがいない試合してたんだったらまだ多少分かるけど(キャスターが言うのは「どうだろう」とは思うけど)、凄く頑張ってたのに…。
結果が出なかったからといって「情けない」はヒド過ぎ。



それは兎も角、今回のWCでの代表チームは凄くいい雰囲気だったし、このメンバーの試合を一つでも多く観たかった。
WCの舞台でスペインと闘う日本代表っつーのもやっぱ観たかったよね。


ナカータは試合後に「デンマーク戦のような闘い方をしていれば」的な事を言ってたけど、そーゆー「持っているもの」を必要な時に出せるかどうかで結果が大きく違っちゃうんだろうね。


デンマーク戦は初戦のカメルーンに勝利したこと、オランダ戦を最少失点に抑えた事で引き分けでもOKという余裕もあったし、3試合の結果で決まる1次リーグと、負けたら即敗退の決勝Tでは気持ち的にかなーり違うだろうし。
そーゆー部分ではやっぱ経験が物を言うのかなぁ



ウチのダンナは玉田がゴール際でパスを選択したシーンで、「外れてもいいからシュートして欲しかったよ」と、しばらく言ってました。
外したら外したで、もう一人(中村憲剛だったかな?)来てたからパスを選択すれば…とか言ってたのかな?もしかして(笑)

ダンナはオランダ戦の岡崎の惜しかったシュートも「玉田だったら入ってたかもしれない!玉田は何をしてたんだ」的な事をしばらく言ってました。
あの時玉田は右サイドで、やや後ろの方に引きずられてたんで…。
守備を頑張ってたんです、ええ。


ドイツ大会のブラジル戦の時の玉田は光ってたけど、それ以降はパスを選択する場面が増えた気がする…かな?
玉田ゴールを期待して観ていた私的には「打っちゃえよ」だったけど、それもチームのためなのかなぁ。



ドイツ大会で敗退した後、初戦の負け方があまりにも悪かったし、ナカータが代表引退ではなく現役引退だったことで暫くショックから立ち直れなかった。
オシム就任のニュースでちょっと元気になったけど(笑)
初戦オーストラリア戦の失点シーンとか二度と観たく無かったし、今大会の開幕前にあのシーンをテレビで放送される度に目を背けていた。
けれども、今回の躍進のおかげさまさまで、あの時のトラウマも払拭された気がする。
もうあの失点シーンだって直視できるよ(たぶん)。




日本のWCは終わっちゃったけど、まだまだお楽しみはツヅク。
残りの強豪揃いの試合も楽しみつつ、次の代表監督の発表を楽しみに待ちたいと思いますです。

岡ちゃん、ホントにオツカレサマ。
関連記事

「岡田ニッポン8強ナラズ」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

コメント

コメントの投稿








  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック