プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


以前、何かのTV番組で観たんだけど(情報ソースが曖昧でスマン)、最近の学生が人付き合いで最も重要だと思う事について訊いたらば、一番多かったのは「その場の空気を読む事」だったそうです。
アンケート対象は大学生だったと思うけども、どの程度の規模で調査したのかは分かりません。

それ見てて思ったんだけどさ。今の20代って、会社で自発的に動けない人が増えていると聞くけれども、その事と関係あるのかな?って。

その場の空気を読みすぎるあまり、自分の意見を言えなくなる。
まだこれが、一応皆の意見を訊いた上で多数決で決まったっつーんならアレなんだけど、実際に皆がどう思っているか確認せず、「きっとこう思っているだろう」とか「普通こうだろう」なんて憶測だけでその方向に全体の思考が持って行かれる。
複数の意見がありそうだと判断した場合「間をとってコレが無難だろう」という答えを探すのかもしれない。
もしかしたら、リーダー的な存在の人が毎回「今はこーゆー空気である」として、勝手に決めて皆を誘導しているかもしれない。

何かを決定する時は、毎回そんなカンジ。


それって、本当にその場の皆の意見だって言えるのかなぁ。
空気ってのは、意見じゃなく、その時、その瞬間のノリって事だろうか。

 




いつも自分の意見より、その場の空気だなんて有って無いようなものを大事にするから、そのうち自分の意見がどこにあるのかも曖昧になってくる。
多くを語らずに空気を読む事が良いとされているので、細かい事を詰めて話し合わなくなる。
ちょっと質問しようもんなら「空気読め」とか言われてしまうかもしれない。
人付き合いに於いて最も重要な空気読みが苦手な人間だと思われたくないから、質問なんてしない。


そして、社会に出ていきなり個性だの自発性だの何だのと求められても困っちゃうわな。


それに、直属の上司となると就職氷河期に就職し、場合によっては転職を繰り返して色々と経験を積んで来ている人だったりするかもしれない。
そんな上司からすると、部下のそーゆー態度ってイラっとすることもあるかもしんない。

最初っから色々出来る人なんて居ない。でも、分からない事があるならば、分からないなりに上司や先輩に質問して自発的に問題点を解決するよう努力しようよ…みたいな。

自分がどの部分の理解が足りないのかも分からないから質問すら出来ないの?なんて………ね。





まぁ、これら↑はもちろん極論ですが。






相手の身になって考えるとか、人の気持ちを考えるとかは大事だと思うけれども、それはあくまで相手(人)がいるわけで。
空気を読む事とは違う。

どちらも、その場にいる皆がイヤな思いをしないように…という気遣いから始まっているのかもしれないけれども、私個人としては、空気読みっつーのは相手の事よりも自分の評価を気にしている方が先にあるような気がするというか…ね。

まぁ、どっちでも良いですが、とりあえず、あまり実態のないモノに振り回されるのはイヤだなぁと。





ほで、前置きの方が分量が多くなりましたですが、本題(タイトルの件)です。



子供達の学力低下や、イジメに繋がる裏サイトの存在から携帯を持たせない方向で話が進んでいるんだと思うんだけどさ。
空気読みも、ケイタイの影響が大きい気がする。
どっちかっつーと「相手の身になって考える」的な発想ではなく、イジメられたくないから防衛本能が働いて空気読みに必死になる的な…。

漠然と、そんな気がしておりますです。


私が子供の頃は、何かあったとしてもせいぜい仲良しグループ内で終わってた。
グループに居場所がなくなったコが別グループに入れてもらうなど、グループの人事異動も色々あったりして。

でもさ。ケイタイだと、規模が広範囲になりそうな気がするんだよね。
クラス単位とか、もっと酷いとクラス関係なく学年単位になっちゃうとか。

CCで「あいつシカトね」とかメール出されて、速攻大規模なシカトが始まるかもしれない。
当然、多くのコのメアドを知っているコの影響力が大きくなりそうだ。







私はケイタイを持った事がないのでアレなんだけど、ネットしていてもケイタイがメイン(ってか殆ど)の人と、パチョコンとケイタイの両方を使いこなせている人では違いがあるよなぁ…と思う事があるんだよね。
ケイタイの人って、相手からのメールを引用して返事書くって感じじゃないじゃん。
それで発言をねじ曲げられる事もある。
「そうじゃないんだけどな」と思いつつも、特に不利益がなかったり、面倒臭かったりすると否定せずに放置する事も多いけどさ。

そういえば以前、ある人とメールやりとりしてたら(相手はケイタイ)、いつの間にか私が精神疾患で悩んでいる事になっていて『話してくれてありがとう』とか、やたら暑苦しいメールが来て焦ったことがあった。
その部分は即メールで否定した。

一応、誤解させちゃってゴメン的な事を書いたけど、それまでのやり取りを読み返しても、特に誤解されるような事は書いていない。
そんな話した事無かったし。第一、問題があると自覚しているなら、知り合ったばかりでそれほど親しくもない相手に相談するより、病院に行った方がいいじゃん(笑)

何でそうなったのかナゾなんだけどさ。その人の妄想の中の私は重度の精神疾患と、重大な脳の病気か何かを抱えていたみたい。
(#もしかしたら、目眩や発熱を伴う体調不良で判断力、思考力が鈍っていた時の話が精神疾患だと思われたかもしれないけれども。)

もともと思い込みの強い人だったんだろうけど、その思い込みプラス相手が書いて来たメールを冷静に読み直しつつ返事を書けないケイタイだから、思い込みが更に助長されたとかなのかな?と想像してみました。

まぁ、結局は本人の使い方の問題であって、ケイタイばっかりが悪いワケじゃないけどね。




Untitled-Blog|800×600800×600@ 2008-05-03 19:39:00
関連記事

「空気読みと携帯電話の関係性」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

コメント

nonkey37さん
亀ですんませんm(_ _)m
> 最近の「空気を読め」という台詞には相手の意見を封じ込める働きばかりが目立っているように思うんですよね。
↑あ、分かるなぁ。なんか、本来の使われ方と違ってきてるんじゃない?と思う事ありますよね。
KYだって、そもそも『その場の話に冷や水をぶっかけるような人』に対して、「空気読め」と注意を促す意味で使われ始めたとゆー認識でいるんですけれども、いつのまにか空気が読めない“人”を表現する言葉になっちゃっているし。
その場の空気なんて、別の集団の中だったらまた別の空気になるかもしれないし、KYと言われる人だって別の場所では違う評価を得ている可能性もある。
その程度のモノなのに、「空気が読めない人」と、一方的に決めつけてしまうのも乱暴というか…。
で、「空気が読めない人」と思われたくないという恐怖心があるからこそ↓
> 先に「お前さあ、ちょっと空気読めよ」と言えば、言われたほうは喋り辛くなるわけで、んで、正にそれが言う側の目的だったりする・・・ように思うなあ。
こんな風に悪用されるのかな…とか思ってみました。
> 日本には悲しいかな「自分に都合の悪い奴」の言葉を封殺しようとする文化(?)がありますからねえ・・・。
言われてみれば、そーゆー人って結構いますね。
確かに「文化」かもです。
2008-12-22 18:28 まにゃーな #79D/WHSg URL [ 編集 ]
空気
>その場の空気を読みすぎるあまり、自分の意見を言えなくなる。
これ、ほんと、そう思います。
たとえば明らかに、その場の話に冷や水をぶっかけるような人も世の中には居て、そういう人には「空気を読んで」行動して欲しいと思うことがある8んだけれども、最近の「空気を読め」という台詞には相手の意見を封じ込める働きばかりが目立っているように思うんですよね。
先に「お前さあ、ちょっと空気読めよ」と言えば、言われたほうは喋り辛くなるわけで、んで、正にそれが言う側の目的だったりする・・・ように思うなあ。
日本には悲しいかな「自分に都合の悪い奴」の言葉を封殺しようとする文化(?)がありますからねえ・・・。
2008-12-18 22:06 nonkey37 #79D/WHSg URL編集 ]

コメントの投稿








  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック