プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • 既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Aerosmith、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


ダイソーで購入したオーブン樹脂粘土で待ち針を飾り、カップケーキを模したピンクッションにさしてみました。

以前、NHKの番組でかなりリアルなスイーツデコを紹介してたんですが、そちらで紹介されていた作り方を参考にしています。
材料が違うのでリアルにはならないけれども、こーゆーおもちゃっぽい感じもまたいいかなぁと。
クリームは絞るアレじゃなくて、細長くした粘土に爪楊枝で筋をつけ、ピンに巻き付けてみたり、ピンに付けた粘土を三角錐みたいにしてから、爪楊枝で筋をつけてみたり、二通りためしました。
結局、どっちも「白い巻きうんこ」って感じですハイ。

「スイーツピンクッション&待ち針」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

去年、フェアアイル柄のオーバースカートを編んだんですが、編んでる途中でどんどこ私が肥えてしまってサイズが合わなくなってきてしまいました。
だもんで、予定より丈を長くして普通のニットスカートのようにしようかなぁと思ったんだけど、なんかイマイチ。
細かい柄なのでほどくのも面倒臭いし、再利用するためにはフェルティングしかねぇな…ってことで、何回か洗濯してみました。
こう縮んでしまうと、元の柄が全然ワカラン。

編み込み模様は裏側の糸始末をキレイにスルのがポイントです。普通に編みながら同時に渡り糸の始末もするんですが、慣れれば簡単。
けど、同時に編み進める糸の数が多くなるにつれ、渡り糸を引っ張り過ぎて結果、作品が小さくなってしまうこともあるので要注意。

ほいで、このフェルティングのフェアアイルだけども、グラニーバッグにでも生まれかわればいいかなぁと、今のところは思ってます。
けど、寒くなる頃には少し違ったイメージが浮かぶ可能性もあるので、今は手をつけないことにします。

「フェアアイルをフェルティング」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

シンプルなシャツワンピースを作りました。本はこないだのドローストリングワンピースと同じです。本当はカタチ的には茅木真知子さんのが良かったんだけど、そっちは脇にファスナーが付くので(スカート部分にボタンがない)、色と長さが合うファスナー買いに行くのが面倒臭いなーと。
ほいで、こっちにしてしまいました。
茅木真知子さん作品の方は、レトロな感じのプリントで作ったらカワイイだろうなぁ。

ボタンは随分前に100円ショップで買った木製のもの。
ボタンホール押さえに付けるボタンをセットして、ミシンの縫い目選択をボタンホールにする。
あっという間にできますねぇ。簡単ですねぇ。
手縫いだとボタンホールステッチって結構メンドイですが。

生地が薄手なのと、ボタンがちょっと厚みがあるので、2重にステッチしました(ボタンホール)。

この他、ダブルガーゼでドルマンスリーブのチュニックを縫ってみたりしたんですが、そっちは部屋着だなぁって感じです。

「ジャノメJP510でシャツワンピース」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな