プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • こんなトコロまで見てくださってドウモです。既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


カバー曲(カヴァーと書くべきか?)って、私は大抵「オリジナルの方が全然良い」と思う方です。やっぱり、新しいものより耳に馴染んだものの方が、素直に聴けるのかもしれません。
が、ときには「カバーの方が良い」と思う場合もあります。
そんなオリジナルを超えたカバー曲、オススメのカバー曲がありましたらトラックバックしてください。

でもまぁ、音楽なんて所詮は好み。どっちが良いとか悪いとか、どっちが上だとか、点数で表現できるものではありません。
そういった意味では、「オリジナルを超えた」という表現は適切ではないのかもしれませんが…。

まぁ、ただ単に自分が好きだーと思うカバー曲を紹介してください。

トラックバックしてくださる場合、以下の「Template」部分をコピっておいてください。貼付ける場所は、記事の下の方でOKです。
宜しくお願いしますm(_ _)m


追記@20090325
ブログのお引っ越しに伴い、記事中のリンク等を書き換えておかねば…なんて思っていたんですが、今思うとTB企画のテンプレートって別に要らないかなーと。
以前ほどブログ自体もわさわさ(←うっすら活気がある様子。あくまで“うっすら”)していないから、フツーにTBでいいんじゃ?と。
というワケで、この部分を書き換えました。
ワリかし最近ブログを始めたヒトって、あんまTBとか使ってない人多いね。その分、コメントが賑やか。
ブログ以前のWeb日記や掲示板みたい。
「情報」とするより交流中心なら、それも全然アリだよね。
でもまぁ、そんなアナタも、気が向いたら是非TBしてね♪


更に追記@20090608
TBをいただいた場合コチラからもTBをお返ししておりましたですが、色々と思う所があり、止める事にしました。ので、一応お知らせしておこうかと。

続きを読む »


「【TBチョーダイ】オリジナルを超えたカバー曲」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

レコードは「Bop Till You Drop」と「Show Time」しか持ってないんだけど(CDで持ってりゃぁ十分なんだけど)、サインもらった時はリンドレー氏と一緒の来日だったし…ってことで「Bop Till You Drop」です。
サイン、分かるかな???

ライ・クーダー氏って、ちょっとかわいいヲヤヂだったよ。
ご子息はめさかっこ良かったし。

もすかすて、几帳面?

レオン(ラッセル)のサインとかクリス(ロビンソン)もあったんだけど、今は行方不明。
みつけたらUPするべ。

「Ry Cooderのサインだぁよ」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

ミルメークは名古屋の薬屋さんが作った | Excite エキサイトで、初めてその姿を(写真だけど)拝む事ができますた。
何年か前、4つ年上の友人に『(どこだかの地方に)ミルメークを売ってるトコロがあってねぇ〜』と、嬉しそうに言われたんだけど。あたしの反応は「何それ?」。友人はジェネレーションギャップを感じたそうだ。

でも、4つしか違わないのに…。

あたくしが通っていた小学校は東京都目黒区です。
校内に給食室があった。
もすかすて、センターの給食だったらばミルメークが出たのかなぁ。
ナゾだなぁ〜。

ちなみに、ウチの小学校では給食仕様の小さめのアイスクリーム(カップ)や、プチダノンがたまにデザートで登場した。
例の友人は『えぇ〜!ウチらの時代は、そんなの出たことないよー!』だって。
これも時代というより、学校によるのかもしれないな。

彼女は多分、千葉県柏市。

「おぉ!こりがウワサの」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

Excite エキサイト : 社会ニュース <路上喫煙>千葉・柏市が全面禁止条例制定へ[ 10月05日 22時44分 ]って、いーんじゃないっすか?
あたくしはタバコ吸ってます。
が、歩きタバコは嫌いです。
歩きタバコしてるヲヤヂを見ると、「灰皿のないトコロで吸うな!」と思いますね(小心者だから言えないけど…)。
朝、通勤時(って、以外と駅周辺は混雑すんのよねぇ〜)にタバコ持ってる手をぶんぶん振り回しながら歩いてるヲヤヂは、後ろから蹴り飛ばしたくなります。
まぁ、大人なので理性で押さえますが…。


通行人の妨げにならない場所に立ち止まって「携帯用灰皿」を使う場合は、規制の対象外となる
らしいので、大賛成ですわ。
東京都内でも実施して欲しいくらい。

続きを読む »


「いーんじゃないっすか?」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

一方的に「マナー」を押し付けるつもりは毛頭ないので、ここでは「当Blogに関すること限定」として書かせていただきます。
“思いつき”というか、“思う事”があった時点で追加して行きます。
何かあった時のための転ばぬ先の杖的に書いておくものです。
というワケで「必読」ではありませんが、何か問題があった場合(って、何があるんだろ)、ココに書かれている事を基準とさせていただきます。

トラックバックについて

トラックバック・ポリシーを参照ください。といっても必読ではありませんし、あくまで当サイトのポリシーなのでローカルルール的ですが…。
「こゆ時どうしたらいいかな?」と迷ったときや「何でTBが消されちゃったんだろ」なんて時にでもご覧ください。

コメントについて

最初にコレ書いたときと微妙に状況が変化してますんで、改めて「コメントについて」を考えてみました。
コメントが消えた!とか、拒否られた!という場合で「何で消された(拒否られた)のか分からない」という方は↓をご覧ください。

意見か、落書きか@[2005-08-29]






続きを読む »


「不本意ながら、注意(?)とお願い」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

推定無罪


『※「24」ネタバレ禁止運動推進中!!※』に、議論を交わす以前に「名指し」で指摘されてしまいました。問題の記事はこちらです。
ちなみに、私的には全然セーフです(あくまで“個人的には”ですので、その判断には個人差があると思われ)。

「ネタバレ」はドラマや映画に限らず、サッカーの試合などでも録画して後でゆっくり楽しもうと思っているのに速報をやっているサイトさんに行ってしまった…等々の苦い経験があります。が、スポーツに関しては文句たれる人もいないでしょう。
「ネタバレ=著作権侵害」と捉えるべきか、単に「個人の楽しみを奪うな!」なのか、それも判断が難しいトコロ。

というわけで、私個人としては十分に気をつけている“つもり”です。

問題の記事のコメント欄にも回答として書いていますが、こーゆーことの線引きについては主観的なものです。こちらのBlogでご指摘の部分は「また聞き」の情報であり、私自身も半信半疑で書いております。あれを「ネタバレ」とするということは、その情報が確実であるとの裏付けをされているということで、それこそネタバレになると思いますが…。
【追記】
『※「24」ネタバレ禁止運動推進中!!※』ですが、当方の問題の記事を含め、他Blog、他サイトに関する箇所は削除されています。ので、今更リンクを飛んでみても『は?』だと思いますが、ご了承くださいませ。


また、「ネタバレ禁止」や「著作権保護」をうたい文句に、単に「吊るし上げ」を楽しむ傾向の掲示板等もあるかと思います。
こちらのBlogでの活動が↑と同レベルだとは思っていませんが、『※「24」ネタバレ禁止運動推進中!!※』の記事を拝見し、議論の前に名指しされ「見に行かない方が良い」とコメントされていることに対しては、少なからずショックを受けています。
「推定無罪」というコトバもあります。
事実を確認して、相手方と議論を交わし、その後では遅いのでしょうか?
本人には悪気は無い。また、セーフかアウトか、そのラインも曖昧な場合はいたずらに相手を傷つけることになりかねません。また、見る人によっては「吊るし上げを楽しんでいるだけ」と受け取られるでしょう。

ネタバレ被害を無くしたいと思う気持ちは分かりますが、その運動の仕方については様々な意見もあると思います。こちらも線引きが主観的なものになると思いますので、沢山の方との議論が必要だと思います。
ガイドラインを作成し、信頼できる団体からお墨付きを貰う。それをもとに判断するというのであれば、私も素直に受け入れましょう。

「正義感」も受け取る側によっては善悪が分かれる事もあり、難しいですね。

続きを読む »


「推定無罪」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

24(シーズン2)


なんかさ、あたくし的にはテロリストよりジャックが恐ろしいよ…。

今、日本で(地上波で)やってます。観てます。
前回はDVD観終わっていくらも経たないウチにTVで放送されたんだよね。
「そのうちTVでやるだろ」ってことで、2は観てなかった。
1んときは犯人のヒントがあったけど、2でもあるかな?
でもまぁ、2は「裏切り者を探せ」じゃないみたいだから、そーゆーのはないのかな?

そういえば、大統領んとこで働いている東洋人女性、タムリン・トミタに似てるな。
ってか、タムリン・トミタかもな。


3はウワサによるとキムが主役で、なぜかCTUで働いているとか。
スターゲイト(SG-1)のように、当初の予定では2までだったのが7だか8だかまでやってしまった〜になったりして。
そうすると、TV版ニキータのように、内部の人間関係のごちゃごちゃがメインになってだな、ロケが殆どなくなりそうだな。
狭いトコロでくっついたり、離れたり…。
キムはかわいいから、ビバヒル風が良いかもな。
でも、そんな24は観たくないな。

「24(シーズン2)」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

少し読んで、そのまま放置。そーゆー本が結構あったりする。
本読むの遅いからさぁ〜(もともとあんまし読まないし)。

涼しくなると読書が進む(のか?)。
で、一年前に読みかけを放置し、そのまんまになっていた小野不由美の「黒祠の島」を読んでみた。
「どうせこうだろう」という予想通りに事件は解決するんだけど(ミステリのあらすじ的には微妙)、島に伝わる伝説(これもどっかで聞いた事あるような話)、その伝説の意外な真実なんかが面白かったな。

第二弾はコンビニで衝動買いした井沢元彦の「心霊の国 日本」。
これは結構最近買ったんだけど、最初の章を読んで、ムカついてやめていた。
気を取り直して読むんだけど、やっぱりムカついてくるので中止中。
なんか、このヒトって言う事が極端すぎて、ついて行けない。

ちょっと触れておいて、肝心な部分は『興味のある方は○○(自分の本のタイトル)を〜』と、本の宣伝が入る。ちゃんと書く気がないなら、最初っから書くなよ〜だし。それ(宣伝)が出てくるたびに騙された気分になる。

「顔の無い神々」という小説では、「このヒト、女性に恨み(またはコンプレックス)でもあるのかな?」と思ったんだけど…。
なんか、主人公の女性がバカすぎなんだもん。
ってか、人間的におかしい。
犬猫と人間の女性を間違えてないか?

好みの女性は「バカで、自分を犠牲にしてまで相手に尽くす」タイプ。
そーゆーヒトなのかもしれない。
炎のフェミニスト、田島センセ(って、今は何してるんだろ)と戦ってみて欲しいな。
結構笑えそうだな、うん。

そーゆー文章ってのも、一応「読み手に強いインパクトを与える」ってことでアリなんだろうけどさ。
同じようなタイプの男性読者からは崇拝されてたりして。
怖い、怖い。


第三弾は恩田陸の「月の裏側」。これは読んでもいなかった(^^;)
「眠れないから本でも読もう」と思って読み始めたら、面白くって眠れなくなった。
恩田陸の他の作品も読んでみたいと思い、昨日は近所のBOOK OFFへ行ってみた。で、「不安な童話」を買ってみたんだけど、これも面白かった。
今日も古本屋さんに恩田陸作品を探しに行こうと思っていたんだけど、昼間は雨降ってたし…。
明日だな。



小野不由美、新作はいつ出るんだろ。

「買ったはいいけど…」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

今更だけど、10月01日(金)は彼氏が休みになったので(会社)、映画を観に行くことになりまして。
映画の日だし。
ウチからだと銀座(ってか、有楽町)か渋谷が一番近い。
けど、いつも行く映画館は銀座か川崎(チネチッタ)。

両方とも上映中の映画をチェックしてみたけど、両方ともこれといって観たい映画が「華氏 911」以外、特になかったぞ。
てなわけで、「華氏 911」です。
日本での劇場動員数に少しでも貢献。


#あぁ、他所の国の大統領選びが自国の運命を左右するなんて、悲しい。


前半は事実をならべ、ムーア氏の意見をはさみ…ってな具合に進む。
後半は感情に訴えるような表現が中心だったような気がする。
こーゆーの↑嫌いな人だっているだろうから、逆効果にならなきゃいいけどね。

彼氏は『あーゆーの観ると、日本はまだマシって気がする』と言っていたな。
でも、日本は確かに「悪い事」はしてないけど、「善い事」もしてない気がする。
他所の国からすると、どっちもどっちぢゃないか?

「華氏 911(FAHRENHEIT911)」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな