プロフィール

まにゃーな

  • Author:まにゃーな

  • こんなトコロまで見てくださってドウモです。既婚、子無し、猫飼いです。ネットでもリアルでも人間関係で色々あって疲れたので自分のペースでのんびりしてたら、いつの間にか周囲が寂しい事になってました。というわけで、基本ぼっちです。どうぞよろしく。
    《好き:キアヌ・リーヴス、佐藤健、窪田正孝(今のトコロ、たぶん)、Ry Cooder、Sonny Landreth、Duran Duran、The Black Crowes、Hanoi Rocks、恩田陸、小野不由美、シャーロック・ホームズ、夏目友人帳、もやしもん》

    2013年9月、猫ブログ「色即是空」(2004年10月にFC2で開設)にメインの雑多なブログ「Untitled-Blog」を統合しました。Untitled-Blogは2004年08月03日、exciteブログにて開設。2008年09月にexciteブログからMARUTAブログに引っ越し。そして色即是空に統合です。
    なので記事内のリンクがMARUTAになってたりexciteになってたりする可能性もあります。ご了承ください。
    徐々に直しますです。

ねこプロフィール

いつの間にか飼主より年上に…。

[好きな食べ物]納豆、ペティオ グレインフリーが所謂ディスコンになってからはニュートロナチュラルチョイス、猫草
[特技]Gの捕殺
[性格]ビビリのわりに図々しい。2回引っ越したけど新居にすぐ慣れる。


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

MMOタロット占い


カウンター

現在の閲覧者数:


DVDのBOXは23枚だか24枚組だったけど、ブルーレイは12枚組です。一枚に4話入ってすっきり。
そしてHDリマスター。
1984年から制作がはじまったみたいなので、今年は30周年ですわね。

シャーロックホームズの冒険BDBOX



もう半分以上観てしまったので、寂しいからバスカヴィル家の犬を見終わったところで少し休憩中です。
グラナダのシャーロックホームズはNHKの吹き替えが絶対オススメなんだけど、30年の間に色々と放送上の事情があったり、NHKの尺40〜45分くらいのところオリジナルは60分あるので、放送時にカットされた分の吹き替えの追加があったりしてつぎはぎだったりしますが、まぁそれでもやっぱ吹き替えいいです。声優さんの声も魅力的だけど、古い言い回しなんかもとても良いので、字幕だとあっさりしちゃって少し寂しいです。

さすがにちょっと高いから、よっぽどファンでもないと買わないだろうけどBSでちょいちょいコレと同じHDリマスターを放送しているようなので、BS観れる環境でかつご興味がおありでしたらゼヒ。

「シャーロック・ホームズの冒険 BD BOX」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

SUPERNATURAL


何年か前に深夜で実写のドラマを放送してたんだけど、吹き替えがあまりにもダメ過ぎて観れなかった。
先週からアニメが地上波で放送されてますです。こちらはちゃんとした声優さんなので一応観てみたんだけど…。
そもそも、ストーリーがアレなのね。
色々と破綻してる気がする。

キリスト教の人達が作ると、幽霊ものって悪魔憑きとかになりがちだけど、そーゆーワケではないみたい。けど、退治の仕方が…ね。

とりあえず、意味がよく分からなかったです。
退治法の根拠が父親が残したメモだし、見てる側に説明が何もない。サクサク進み過ぎ。そもそも、主役の2人以外も幽霊とか不思議な現象が「ある」という前提だから、都合よく進み過ぎな気がする。
その辺りをもう少し丁寧にやってもらえると物語に入り込めるかもしれないのにね。

その点、ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の「ゴースト 天国からのささやき」の方が面白いかなぁ。

「SUPERNATURAL」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

映画「BECK」ってか、向井理に気をとられて書くの忘れてましたです。
ホントはBECKのトコロでちょろっと触れておけばよかった程度のもんなんだけど…。


映画「ヤギと男と男と壁と」なんですが、Bostonの「More Than A Feeling」が使われておりまして。
映画のテーマとこの曲がなんかぴったり合ってたみたいで、大分使われてますです。
エンドロールでこの曲がかかる時は歌詞(和訳)付でしたわ。

この曲の邦題は「宇宙の彼方へ」らしいんだけど、原題みただけだと何でそう訳したのかなーというカンジです。
歌詞の和訳を読んでもアレなんだけど、映画観た後だとなんか納得というか。
この曲がヒットした当時(1976年でしたか?)の時代背景とかよくワカランけど、もっと薬漬けな曲なんだと勝手に思ってました。
すんません。

ってか、この曲聴くとどうしてもNirvanaの「Smells Like Teen Spirit」を思い出してしまいます。
ホントすんません。
でも、こんなことやってて、なかなかおちゃめさんです。
(#ヤンコビックさんのうがいソロも好き)

んまー、そんなワケで今Nirvanaを聴いてるトコロ。



そだ。忘れてた。映画の内容だけど…。
あんまよく覚えてない(^^;)
まぁ面白かったんだけど、なんか…ね。
もちっとリモートビューイングについて詳しくやってくれてもよかった気もしてマス。

でかぷり&渡辺謙の「インセプション」も映画館で見た方がいい映画だなーとか思ったし、テーマとか細かい設定がスゴイしこの世界観なら映画に留まらずTVシリーズとかでやったらスターゲイトみたく広がりをみせるだろうに……等々思ったりもしたんですが、あんま内容覚えてナイ。
どーでもいいかもだけど、アーサー役のジョゼフ・ゴードン=レヴィット(ですか?)がイイ。
「JUNO」主演のエレン・ペイジもかわいい。

今のところ…だけど、今年観た映画で一番印象深いのは「第9地区」かなぁ。
丁度ワールドカップ前で、南アフリカで、アパルトヘイト的で。
松たか子主演の「告白」もよかったかな。

あんま関係ないけど「第9地区」で思い出した。
ちょっと前の夢で、ザリガニがわさわさ出て来た。いっぱい飼ってました。弟と一緒に世話してました。
共食いしてるヤツらもいたかな?
夢の中の私は「まいんちサバ食わして青くするぞコノヤロー」とか思ってます。
梶原まさゆめさんの本にはザリガニとか共食いとか載ってないんだけど、i-revo 夢占い「眠り男の夢占い」にありましたわ。
梶原まさゆめさんの夢占いは当たるんで、体調に気をつけます。

「映画「ヤギと男と男と壁と」」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

映画「BECK」


初日の9月4日に川崎に映画観に行く予定だったので、BECK観ておきたいなーと思ってたんですが、「ヤギと男と男と壁と」の上映が終わってしまうということでこの日はヤギを観ました。
いつもの川崎(チネチッタ)で。
ほいでBECKは21日に有楽町で観る事になりました。
いつもはチッタなのに、この映画に限って有楽町とは…。
クラブチッタとかチッタ内のタワレコとか写ってたのになぁ。
まぁ、だから何だっつーカンジだけども。

映画館出る頃にはすっかり向井理に夢中でございました。
ドラマ「ホタルノヒカリ2」を「1でヤメときゃぁよかったのに」とか思いつつ最後まで観たんですが、好みの顔&美声なのにハマらず。
やっぱ、BECKの平くん(役)がいいのかなぁ。
黒髪スキーなんだけどなぁ、私。


挿入歌としてブラック・クロウズのRemedyが使われておりまして。しかも結構長く。
コユキが猛烈に働いてるシーンですわ。
原作ではRemedyっつーバーが登場してたのね。忘れてたけど。

ハロルド作石さんはブルースもお好きみたいで、ゴリラーマンにロバジョンのコスプレさせてる絵がどこかにあったなーと。
ゴリラーマンは友達に貸したまんま返ってこなかったので確認できませぬが。
同じくゴリラーマンで、「かつてバンドメンだった先輩」のかつての姿の回想シーンで、その先輩がマーキーライブのアンディ・マッコイのコスプレしてる絵がありましたな。

そういえば、桐谷健太のVOもヨカッタ。
コユキはキホン棒立ちで演奏するけれども、ダンサーな佐藤健は踊りたくなったりしなかったかな?
最後の方は踊ってたか。

とりあえず、あんま内容は期待しないで観に行ったけれども、色々な意味で堪能しましたです。
DVD出たら買ってしまいそう。

「映画「BECK」」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

先週、スターゲイト アトランティス シーズン4のDVD BOXが出たんだけどシーズン3の内容を全く思い出せず。
なので3からみてたんだけど、昨日から4に突入。

記憶に残らない理由は何だべさ。
主要キャラにあんま入り込めないせいかしら?
シェパード役の俳優さんカッコイイんだけど、あんまお芝居上手じゃなさゲだし。
マッケイは面白いケド、なんかマッケイの面白さに頼り過ぎなカンジもするし。
しかもマッケイはSG-1から引き継ぎだし。
遠い銀河っつー設定なのもあるかもだけど、なんかやたらと嘘クサく感じる時があったりするんだよなぁ。

な~んて思いつつ観てたらマーク・ダカスコスが出てる!
アクションシーンの美しいこと。
今後また出てきそうなカンジだな。

「スターゲイト アトランティスに」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

木村拓哉主演の月9ドラマ「月の恋人」を4話から観てます。
キムタクが主演だと観ているこっちが恥ずかしくなるし、国内のこの時間帯のドラマはダメな事が多いんで基本的にあんま観ないです。
が、今回はちょっと背景に興味があったので。
初回が上海かなんかだと聞いたので、2話目からにしようと思ってたらすっかり忘れておったです。
ほいで4話目から。

ウワサ通りに酷い内容だね(^^;)

キムタムの役はイイオトコっつー設定なんだけど暴力的だしそもそも魅力無いし、そのカノジョはバカっぽいし、松田翔太の役はキモくてせっかくの松田翔太が台無しで「何てことしてくれてるんだ!」だし。
恋愛のゴタゴタはまるで厨房だね。
大人なら自分の感情を隠しましょうね。

色々とあるのはまぁアレなんだけれども、篠原涼子の役も気になる。
CM制作を担当してるみたいなんだけど、代理店から出向してるとかなのかしら?
それにしても暇そうな会社だわ。
ってか、篠原涼子の仕草がいちいち浅野温子に似てるんですが、そーゆー注文ついたのかな?


とりあえず、気になっていた背景については大体チェックできたのでもう気が済んだんだけども、来週の予告でチラっと写ったキムタクが街を歩くシーンも見覚えのある街だったので、一応チェックしてみようかと思うです。
まぁ、街は別にいいんですが…。

ドラマとかって、角を曲がったら別の場所にワープしてるなんて事もあるからおもしろいよね。

続きを読む »


「キムタク主演ドラマが酷い件で」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

ネットお休み中、ガンダムシリーズだけでなくスターゲイト(SG−1)のシーズン10と、2時間もの2本を観ました。
終わっちゃいました、SG-1。
長かったようだけど、終わってしまえばあっとゆー間………ってことはないか。10年だもの。

ウチはDVD BOXで買って観てたからアレだけど、毎週欠かさずTV放送で観てた人(特に本国アメリカの人)なんかは感慨深いもんがあるだろなーと。

ほで、画像は〆の映画「真実のアーク」に入ってた「スターゲイト オフィシャルファン認定書」でございます。
よくここまで買いましたね…というご褒美みたいです。


今までのBOXと映画3本(TVシリーズ化前の最初の映画含む)を積み上げて写真撮ろうかと思ったけど、片付けが面倒臭いのでやめてみました。
更にスターゲイト アトランティスのBOXも加わると大変邪魔臭いです。
こんだけ買ったぞ!と誇示できる棚が欲しい。

Wikipedia:スターゲイト SG-1

「終わっちゃいました、スターゲイト SG-1」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

週末に観て来ました。
大した事書けないけど、せっかくなので記事あげときます。

今週は体調的に微妙だったんだけど、映画くらいならダイジョブかなと思って。
いつもはネットでチケを取ってから行くんだけど、今回はなんか空いてそうなので現地(いつものチッタです)についてから買う事に。
やっぱしガラ空き。
18:50からの上映だったから……かなぁ。
ちーこい子供連れファミリーは、もっと早い時間に行動するもんね。

んまぁ、それはいいです。


ヤッターマン、大好きだったんだよね。アニメの新しいのは1回しか観てないけど(ワダアッコーの時のみ)。
何しろ遠い記憶だもんで曖昧なんだけど、映画を観ながら「そういえば、そーゆーのあったな」と、うっすら思い出したりしたので、かなり色々な要素を盛り込んだカンジだったんだろなーと思いますです。

続きを読む »


「映画「ヤッターマン」」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

TSUTAYAで旧作半額をやっていたので、映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」を観ました。
ゾンビもののコメディです。

随分前からダンナが「観てみたい」と言っていた映画なんだけど、半額の時に借りに行くといつも借りられていた。
みんな考える事は一緒で、「半額の時でいいや」なんだろうね。

ほで、ソレを観たいと言い出す前にレンタルで観たのが、これまたゾンビものコメディ映画「ゾンビーノ」。
彼がそんなにゾンビ好きだったとは知りませんでした。


で、「ショーン・オブ・ザ・デッド」ですが、ところどころ笑えました。
あんまり言っちゃうとネタバレになるからアレなんだけど、主人公は親友と毎日パブに入り浸り。
以前、イギリス人のパブ好きについてbelltoneさんが書いていらしたのを読ませてもらっていたので、そこからしてちょっと笑えるんだけどね。

Queen「Don't Stop Me Now」のシーンは笑えた。


QUEEN/歌詞:DON'T STOP ME NOW/うたまっぷ歌詞無料検索

「映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな

ノーベル物理学賞をニッポンジンが独占(うち、1人は米国籍らしいので正しくは米国人1人、日本人2人らしいが)だとか、ノーベル化学賞もニッポンジンが受賞だとかで俄に盛り上がっていたようですが、今日になって↓こんな記事も。

受賞を逃した理由について疑問に思う事があったとしても、だからといって受賞した方々がノーベル賞を盗んだ事にはならんと思うんだけどなぁ。
研究そのものを盗んだんだったら兎も角、「なんじゃそら」ってカンジですハイ。

続きを読む »


「過激なワームホール」
Link tag:
URL:
written by
まにゃーな